わたしの居場所をわたしの町におすそわけ♪(特集「どうする?親の家」)

わたしの居場所をわたしの町におすそわけ♪
コミュニティーカフェ studio Re・BRON(東京都足立区)
黒のダウンベストを着たメガネをかけた男性。笑っている
工務店を営んでいたお父さまの遺言を受け、
作業場だった一軒家を相続した大塚さん(64歳)。
おろそかにできるものではないと思いつつ、
相続した作業場に深い愛着はあまりなかったといいます。
「自分の住まいが別にあり、古く不便なところにある家の相続は
思った以上に大変だとつくづく感じました」。

築50年、老朽化が進んでいた家。
それが今、音楽とアートとぬくもりにあふれた
憩いのスペースに生まれ変わりました。
いろいろなタイミングが重なり「すべては縁だった」という大塚さん。
スペースにお邪魔してお話をうかがってみました。

ランプに照らされたあたたかな雰囲気のカフェ店内。壁にはギターなど楽器がかかっている。
あたたかな雰囲気の電灯。
「退職金をリフォーム代にあてたのですが、
思った以上にお金がかかり、できるところは手作りしたんです(笑)。
その電灯は、百円均一のペン立てやお皿を買ってきて、
自分で穴をあけて、電球をつけたものですよ」(大塚さん)
窓際にかけられた作業帽子やノコギリ、トンカチなど。
工務店の元作業場だった1階のDIYルーム。
窓からひかりが差し込むカフェ店内。こちらに背をみけた男性がいる
あたたかな日差しが差し込むカフェスペース。
大塚さんは都内のマンションで奥様とふたり暮らし。
「定年した夫が何もせず、昼間から家でゴロゴロしていたら、
うっとうしいでしょ(笑)。日中はほぼ毎日ここに来ています」

撮影/堂本ひまり

コミュニティーカフェ studio Re・BRONを利用しませんか●●●●●
楽器がドラムに囲まれた中で男性がギターを弾いている。スタジオ。
茶話会、最大15名のイベント、映画上映、バンド練習、作陶、
クラフト、DIY体験などさまざまな企画に利用できます。
要予約。
企画運営メンバーや利用団体、ボランティアも募集中です。
施設設備や利用料金などの詳細はお問い合わせください。
コミュニティーカフェ studio Re・BRON  アクセス
【TEL】03-6754-1537
【Eメール】comicafe.reborn★gmail.com ※★を@に変えて送信してください

この記事の全文は、2018年4月号でご紹介しています。
◆『のんびる』2018年4月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る