【募集中】子ども向け写真体験教室を開催しませんか

学校、児童館、イベントなどに講師を派遣します
子ども向け写真体験教室を開催しませんか?

日本写真協会では、子どもたちを対象に、
写真を楽しむ教室「わくわくおどろき!写真体験教室」を
開催するための講師を派遣しています。
プロの指導により、コンパクトデジタルカメラ(デジカメ)、
写真レンズを使わない「ピンホールカメラ」を使って撮影を体験。
画像の映る仕組みやカメラの撮り方、
撮影時のマナーについても学びます。
ピンホールカメラで撮影中の子ども
自分で作ったピンホールカメラで撮影!
夏の日差しのもとでコントラストの強い写真が撮れます。

お申込みにあたっては、会場候補の準備、参加者募集、告知は開催者側で行ってください。
お申込み後、会場、参加人数などに応じて準備を行いますので、ご相談ください。
【目安】参加人数:各コース30名以下/実施時間:最低2時間30分
(機材など設営・撤去時間は除く)
※ピンホール写真体験コースでは、暗室用の部屋、現像用の流し(洗面台)が必要になります。
※講師の派遣費用、参加費などについてもご相談ください。

対象:小・中学生。親子の参加も大歓迎!
コース:下記2コースあります。
 ※教室の最後に作品発表を行います。
 ※カメラや必要機材はすべて貸し出します。
 ※ピンホール教室は、予定が早めに埋まる可能性があるので、ご了承ください。
 <デジタル写真体験コース>
 望遠、広角、接写などの機能を使って、好きなもの・興味のあるものを自由に撮影体験!
 デジカメを使って、写真撮影からプリントまで体験します。
 <ピンホール写真体験コース>
 物作りの楽しさ、写真・映像の不思議を体験!
 ピンホールカメラの組み立て、印画紙への撮影、暗室での現像、プリント作りを体験します。

◆お問い合わせ先:公益社団法人 日本写真協会 写真・映像教育推進委員会
 【TEL】03-5276-3585
 【FAX】03-5276-3586


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る