【最新号発売中】〝違い〟と出会うとき ~多文化共生と平和~『のんびる』2018年9月号

『のんびる』2018年9月号 ただいま注文受付中!ご注文はこちらから

 『のんびる』2018年9月号表紙

「多文化」の対極にあるのは「異文化」。
「共生」の対極にあるのは「排除」。
「平和」の対極にあるのは「戦争」。
これら対極にあるものが世界じゅうで
「平和」をこわし紛争をつくっている。
「違い」との出会いこそ「平和」への第一歩。
それをさらに次の一歩へと進めるために、
私たちは、何ができるのだろうか?

【特集】

◆日中韓の作家が出会い育んだ平和絵本/浜田桂子さん(絵本作家)
◆知らないからこそ伝えられること/村上正晃さん(広島平和記念公園ボランティアガイド)
◆ひと、それぞれ。複雑さを肯定するために/認定NPO法人 難民支援協会ニッポン複雑紀行
◆紛争国からの留学生が討論する「平和構築学=平和と戦争の学問」/伊勢崎賢治さん
◆異国で「
働く」ということ。
◆「戦争になったら、この子はどうなるの?って思うことがあります」
◆よき隣人として/ひたちなか市国際交流協会「にほんご教室ルンルン」
◆「ハラール」を知っていますか?/稗田麻衣さん(ハラール和食研究家)

ハラール料理。トマトソースがかかっているハンバーグ。

【のんびる編集長・前田和男の特集エッセイ 管見拙説蒙御免】
「神様の強制」ではなく「神様の共生」を

【はじめる!情報】
買う・寄付・ボランティアなど、あなたの参加できる「はじめる!情報」。
・学習支援ボランティア随時募集中!/認定NPO法人多文化共生センター東京(東京都荒川区)
・近況報告/NPO法人さんきゅうハウス東京都立川市)
 家事代行から麻雀まで広がる活動。ここに集まるみんなが「地域家族」
白いテーブルの向こうに並んで座る3人の男性。笑っている。
ほか

【のんびる読者のひろば】読者が投稿する身近で素敵な情報が満載!
・長野のフードバンク、山谷農場(やまのうじょう)を知っていますか?
・自然生クラブのお二人の対談から伝わる温もりに、涙しました。
 
ほか

セカンドリーグ神奈川通信】
自然とともに楽しむ祭典「おひさまフェス×星空上映会inかわさき」

季刊『コトノネ』 取材こぼれ話
】 
 
精神病院の、なんでもない1日

色平哲郎
医療エッセイ】
地域と医療からみる未来のかたち(第74)
「プライマリヘルスケア宣言」から40年

内山節 里山から考える】
仕事と遊びが分離できない世界
(働き方と遊び方 1)


【「里山ハーブ」を知って、味わう】

くらしと自然のつながり。身近な野草「里山ハーブ」をおいしく食べて実感!
今回登場するのは「オケラ」。
虫ではなく、万葉集にも出てくる、関わりの深いキク科の山野草ですよ♪

里山ハーブ「オケラ」の葉
写真提供/食楽風土(くらふうど)


『のんびる』の表紙では毎号、障がいのあるアーティストの作品をご紹介しています。

今月号の表紙「大好きな人に花を届ける鳥」 作:yohei
「アトリエからふる」(埼玉県川口市)では、アートを通じて、障がい者の自立支援に取り組んでいます。

「イラストの醸し出す平和なイメージは、いつも周りに純粋な笑顔をむけているyoheiらしく、とても癒される作品です
からふる代表の萩原禎子さん。まさに今回の特集にぴったりな作品です。

作品提供/アトリエからふる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る