楽しい時、さみしい時、悲しい時、話せる場所がここにある(特集:こころの休憩所)

「楽しい時、さみしい時、悲しい時、話せる場所がここにある」
矢島助産院分室 ファミリーサロン(東京都国分寺市)
矢島助産院の矢島さん。エプロンをつけ、メガネをかけ笑っている
待ちに待った赤ちゃんがいる暮らし。

いざ始まってみると、思うようにならないことも多く、
ふと、気持ちが沈んでしまうことも。
東京国分寺市の矢島助産院には、
そんなお母さんたちをあたたかく支える分室、
ファミリーサロンがあります。
矢島助産院の院長、矢島床子さんは、
これまで5700 件ものお産に寄り添ってきた方。

「わたし自身が育児に苦しんだから」。
ファミリーサロンに込めた思いもうかがいました。

ファミリーサロン
●●●●
矢島助産院LUNCHメニュー
旬の野菜たっぷりのLUNCHのメニュー。
「『自分のお母さんのご飯』をイメージして
メニューを考えています」と、スタッフの泉本さん。

サロンのメニューは、多彩。
誰かと話したいときは、Co@Boccoの時間にどうぞ。
■Co@Bocco 月~金12:00~ 16:30 
 ワンドリンク(200円)で気軽に。
■LUNCH 毎週火・木曜日 12:00~ 14:30
(予約不要)1食700円(10食限定)
■施術 鍼灸、ヘアーカット
■講座 「生の知のおはなし会」「うたの会」
「妊婦さんのためのお灸倶楽部」「ディベロプメンタル(発達)プログラム」
「コトバのコト。」「スリング相談会」
■フリーマーケット 毎月第3 木曜 11:00~14:30 頃

矢島助産院ファミリーサロン外観。薄いオレンジ色の壁の二階建て。
〒185-0022 東京都国分寺市東元町1-38-32
【TEL& FAX】042-326-2414
【営業時間】9:30~ 17:00(日・祝休日)
【電話対応】月・水・金 9:30~ 20:00
【HP】http://familysalon.net/
【ブログ】http://familysalon.jugem.jp/

 撮影/堂本ひまり

矢島助産院分院ファミリーサロンの記事は、2018年10月号でご紹介しています。
ぜひご覧ください。

◆『のんびる』2018年10月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る