【募集中】自宅でできるボランティア。アジアの子どもに絵本を届けよう!(公益社団法人シャンティ国際ボテンティア会)

自宅で作業できるボランティア
アジアの子どもへ絵本を届けよう!
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(東京都新宿区)

小絵本P22_23_PH2
子どものころ、豊かな気持ちを育んでくれた絵本。
しかし、アジアには紛争や貧困などの理由から
絵本を読んだことのない子どもたちがいます。
「絵本を届ける運動」で、日本から各地に届けられる絵本は、
子どもたちの希望になっています。


小絵本セットP22_23_PH6
申し込むと、このようなセットが自宅に届きます。
※写真の絵本は『わたしのワンピース』(こぐま社)
自宅に日本語の絵本と現地語訳のシールセット(費用は2500円)が届くので、

シールを切って各ページに貼るだけ。
現地語で自分の名前を記入して事務所へ返送します。
集まった絵本は、同会のボランティアさんが検品・修正をして、
翌年2月に対象地域の学校や図書館に届けています。
自宅でお子さんと一緒にシール貼りをする方や、
企業やサークルのみなさんで参加する方もいるそうです。

 


アジアの子どもに絵本を届けよう

日本の絵本を、子どもの本が足りないアジアの国々に
送る運動にご協力ください。募集は毎年1〜10月。
参加は1 冊から可能で、贈る絵本や言語を選ぶこともできます。
※次の募集は2019年1月からです。

 セット(絵本と現地語訳シール、手順を書いた紙)が自宅に届いたら、
絵本にシールを貼って事務所にご返送いただき、

参加費(1セット2,500円)を入金してください。
※返送の際の送料は自己負担になります。
小絵本名前P22_23_PH3
自分の名前を書いた絵本が子どもたちのもとへ。

絵本はアフガニスタン、ラオス、ミャンマー、カンボジア、
ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、タイのミャンマー移民へと届けられます。
※詳細はホームページをご覧いただくか、電話やメールでお問合せください。

◆問い合わせ先
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
〒160-0015 東京都新宿区大京町31慈母会館2階
【TEL】03-6457-4585
【FAX】03-5360-1220
※平日10:00〜18:00 (土・日・祝日休)
【Eメール】ehon@sva.or.jp
https://sva.or.jp/

 

「もので寄付するプロジェクト」
ご不要になった本やDVDなどを提携業者が回収し、
買取額を活動への寄付に充てる取り組みもあります。
「アジアの図書館サポーター」月1,000円〜のご寄付)も募集中です。
※詳細はホームページをご覧ください。

『のんびる』2019年1月号では、シャンティ国際ボランティア会をご紹介しています。
「自宅できるボランティア。アジアの子どもへ絵本を届けよう!」
ぜひご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る