【終了】『Workers 被災地に起つ』上映会&トークイベント 

参加者募集中!
申し込み受付は、~2月10日(日)  申し込みフォーム

合言葉は「ないならつくっちゃえ!」
映画と実践から考える新しい生き方
ドキュメンタリー映画『Workers 被災地に起つ』上映会&トークイベント

 小映画ワーカーズ宣伝P49_main
      (映画『Workers 被災地に起つ』より)

2011 年3月の東日本大震災─それは、被災地のみならず、

今を生きる私たちに、あらためて
“これから、どう生きていくのか”という問いを投げかけました。

『Workers 被災地に起つ』は、競争、効率、自己責任ではなく、
持続可能な社会と地域づくりを長年実践してきた
ワーカーズコープによる被災地での取り組みを、

22ヶ月間(2016年2月~)にわたって記録したドキュメンタリーです。

目の前の「困った」をどうにかしようと、ともに動くなかで、

いつしか支える側・支えられる側という枠は消え、
そのつながりによるコミュニティが育まれていきます。
本イベントでは、映画上映と出演者によるトークを通して、
一人ひとりが今の時代を見つめなおし、
どう生きていくのかを考える場になればと考えています。
ふるってご参加ください。

開催日時:2月23日(土)13:00~16:30(12:30開場)
会場:パルシステム生活協同組合連合会東新宿本部2階会議室
(都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」B2 出口より徒歩約5 分)
定員:100名 
参加費:500円
※『のんびる』読者やパルシステム組合員以外の方でも、ご参加いただけます。
 お知り合いやお友だちもお誘いください。
お申込み、詳細(他の登壇者など)はこちら↓から
 https://information.pal-system.co.jp/event/190121-workers/ 

受付期間:1月21日(月)~ 2月10日(日)
 定員を超えた場合は抽選となります。
 当落のご連絡は、2月11日(月)~ 14日(木)に、
 お申し込み時に記載されたメールアドレスにご連絡します。


 【プログラム(予定)】

◎『Workers 被災地に起つ』上映:13:00~14:45
◎クロストーク:15:00~16:30
 ゲスト:東梅麻奈美さん(地域共生ホーム「ねまれや」所長)ほか
「その地域に『必要なこと』を自分たちで始めた人たちの実践をとおして考える、
 持続可能な仕組みのなかでともに支えあう生き方とは(仮)」

W2_ver3_A4omote
『Workers 被災地に起つ』
2018 年制作/上映時間89 分/
監督:森康行/
製作著作:日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団
/配給:一般社団法人 日本社会連帯機構
http://workers2-movie.roukyou.gr.jp/

映画『Workers 被災地に起つ』に登場する方々が、
『のんびる』2019年2月号の連載「被災地は今」に登場してくれました。

「暮らしも仕事も自分たちでつくる」!こちらもぜひご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る