誹謗中傷に耐える家族の一筋の光となって(2月号特集より)

日本で初めて犯罪加害者の家族支援を始めて10年
誹謗中傷に耐える家族の一筋の光となって
NPO法人 World Open Heart(宮城県) 阿部恭子さん
DSC_2769
連日耳にする事件報道の裏で、誹謗中傷に耐え、
肩身の狭い生活を余儀なくされる犯罪加害者の家族。
9割近くの人が自殺を考えるというほど、
追い込まれている現状があります。
11年前、日本で初となる加害者家族支援を始めた阿部恭子さんに、
加害者家族の置かれている状況や支援活動についてうかがいました。

小阿部さんP41_44_Ph_abe
阿部さんがこれまでかかわってきた加害者家族の実情を見る限り、
決して特殊な家庭環境ばかりではないといいます。
「ごく普通のどこにでもある家庭から犯罪者が生まれ、
家族が事件の予兆にも気づいていないケースがほとんど」と阿部さん。
「誰しも、自分が犯罪を犯すことはないと思っているかもしれませんが、
加害者家族になる可能性は誰にでもある」

 

あべ・きょうこ
東北大学大学院在籍中の2008年、社会的差別と自殺の調査・研究を目的とした
任意団体World Open Heart( WOH)を設立。
宮城県仙台市を拠点に、全国で初めて犯罪加害者家族を対象とした
相談業務や支援活動を開始した。2011年に法人格取得。
著書に『息子が人を殺しました―加害者家族の真実―』(幻冬舎新書)。

 

cof

阿部恭子著『息子が人を殺しました 加害者家族の真実』
(幻冬舎新書、800 円+税)
身内の犯罪によって、家族はどのような現実に向き合うのか。
加害者家族にはどんな支援が必要か。
海外の加害者支援はどうなっているのか。
著者の阿部恭子さんが、これまでの体験を踏まえて赤裸々に、
そしてていねいに語っています。


●●●●●●●●●
寄付や会員を募集しています!
●●●●●●●
■寄付
下記の口座へのお振り込み、または現金書留で受け付けています。
◆七十七銀行/南町通支店/普通預金/
 口座番号 5486581/名義:特定非営利活動法人WorldOpenHeart
◆ゆうちょ銀行/店番 818/記号 18160/普通預金/
 口座番号 32179281/名義:トクヒ)ワールドオープンハート

■会員

◆ 賛助会員:WOHを経済的に支援したい。WOHの情報がほしいという方。
 どなたでも無条件でお申し込みできます。
 入会金と年会費の振り込みがあった時点から1年間が会員期限です。
 入会金(初回のみ)5,000円、年会費5,000円。
◆利用会員:WOHの支援を長期的・継続的に利用される方。
     入会金(初回のみ)10,000円、
     年会費10,000円、会員期限1 年。
※料金は今後変更になることもありますのでご了承願います。

■講演依頼も受け付けています!
問い合わせ先
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目6-22 シャンボール一番町704
【TEL】090-5831-0810
【FAX】022-707-0497
【Eメール】world.open.heart@gmail.com
http://worldopenheart.com/index2.html

この記事の全文は、2019年2月号でご紹介しています。
ぜひご覧ください。

◆『のんびる』2019年2月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る