【終了】「緊急ホットライン」「入居支援」原発事故避難者の緊急支援を行います!/避難の協同センター

原発事故避難者の緊急支援を行います!
2017年3月末、国と福島県は、福島原発事故によって
避難指示区域外から避難した人(いわゆる「自主避難者」)への「応急仮設住宅」
「みなし仮設住宅」の無償供与を打ち切りました。
打ち切りが近づく2016年7月、避難当事者と支援者によって設立されたのが
避難の協同センター」(以下、協同センター)です。
いままさに協同センターでは、この3月末で避難者が住まいを失うことのないように
行政との交渉を続けると同時に、転居がむずかしい一人ひとりの事情を聞きながら、
住宅や経済問題の支援に奔走している最中です。

小避難P23_25_Ph_F
「社会は『早く自立を』というけれど、仕事は非正規ばかりで、
事故のPTSD、病気、DVなど複雑な困難を抱えた人もいる。
そもそもなぜ避難しなければいけない状況になったのでしょうか。
僕たちがつながっている避難者は氷山の一角。
こういう問題が自分の地域でも起きていることを知ってほしい。
これ以上、追い詰められる人も、家を失う人も出したくないのです(瀬戸さん)

■「原発避難者住宅問題」緊急ホットライン
 〜私たちの声を聞いてください〜

3月末の民間賃貸住宅家賃補助の終了、避難先自治体の支援策終了に伴い、
「4月以降の家賃が払えない」「転
居費用や更新料が払えない」などの
困難を抱える原発事
故避難者から電話相談を受け付けるため、
下記日時で開
設します。
【緊急ホットライン】0120-311-557(共通フリーダイヤル)
2月28日(木)14時〜20時
3月2日(土)11時〜17時
※ホームページ内に設けたメールフォームから、メールによる相談
も受け付けます。詳細はホームページをご覧ください。
http://hinan-kyodo.org/


■入居支援事業スタート

生活困窮者支援での実績をもつ「認定NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」
「一般社団法人つくろい東京ファンド」と連携し、
住まいを必要とする原発事故避難
者への不動産物件の紹介提供などを開始します。
詳しく
はお問い合わせください。

問い合わせ先:避難の協同センター
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9(FoE Japan 内)
【TEL】03-6909-5983
【FAX】03-6909-5986
【Eメール】hinankyodo@gmail.com
【避難者専用相談ダイヤル】070-3185-0311
(月〜金 10:00〜17:00 出られないときは折り返します)
http://hinan-kyodo.org/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る