やっと見つけたわたしの居場所。今だから、話せること。(特集)

やっと見つけたわたしの居場所。
今だから、話せること。
末永文子さん(NPO法人 しんせい)
小しんせい末永さんP46_50_5000
原発事故で避難を余儀なくされた人たちのなかには、
障がいをもった人も少なくありません。
福島県郡山市のNPO法人 しんせいは、
「ここで仕事をつくる、未来をつくる」
「誰ひとり置き去りにしない」を合言葉に、
原発事故で被害を受けた
福島県内13の障がい者福祉作業所と協働する、

就労継続支援B型事業所です。
シナモンの風味ととろける食感の「魔法のおかし ぽるぼろん」や
「縁起菓子 ふくふく」、オリジナルのデニムグッズ、
雑貨、園芸品など、
ユニークな商品と活動で定評があります。
『のんびる』編集部がお邪魔するのは、
2015年3月号、17年3月号に続いて3度目。

いつ来てもアットホームな雰囲気にあふれた、すてきな作業所です。
「利用者の方にインタビューをさせてほしい」。
しんせい事務局長の富永美保さんにそうお願いして、
ご紹介いただいたのが、末永文子さんです。
震災後、避難先を転々とし、
1年ほど前からしんせいで働き始めています。


小しんせい横がpP46_50_4600
「この8年は、短いというよりは長かったです。
何年たっても、3月11日になると、
どうしてこんなことになってしまったんだろう、
と考えてしまいます。
震災では、高校の同級生を亡くしました。
何日か経ってから、新聞で知ったんです。
あの日、あの時間のことは、つらくても、
ずっと忘れたくない」

その言葉を受けて、富永さんは続けます。
小しんせい富永さんP46_50_4605
「何事も月日が流れると、風化していきます。
そのなかで原発から避難した人たち、
障がい者やお年寄り、弱い立場にある人たちは、
なかなか自分から声をあげられない。
私たちがそばにいて何ができるかわかりませんが、
〝そばにいたい〟という想いをいつも抱いています。
いろんな支援のかたちがあるけれど、
結局は人のつながりですよね。
今日は私にとっても、大切な時間になりました。
末永さん、ありがとう」
どこかしんみりした雰囲気のなか、あたたかな日がさしこみ、
作業場が少し明るくなりました。


小しんせいバッグP46_50_50ka
特定非営利活動法人しんせい
しんせいの手づくりグッズなどの詳細は、WEBサイトをご覧ください。
〒963-8022 福島県郡山市西の内1丁目25-2
TEL/FAX:024-983-8138
Mail:salon.shinsei★sky.plala.or.jp ※★を@に変えて送信してくだださい。

この記事は、3月号でご紹介しています。
◆『のんびる』2019年3月号 
目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る