「薪がない・・・・」 エッセイ「三十路男子〝山里〟に暮らす!」連載中。

薪との生活(前編)
小三十路P49_P_20190121_123338
2015年7月に和歌山県那智勝浦町色川地区へ移住した

三十路男子・米川智史の〝山里〟暮らし。
地域おこし協力隊としての、そして協力隊任期満了後の日々。
次々と〝関門〟を突破する奮闘の日々。
そこに暮らしてはじめてわかる、笑いと涙にあふれた
エッセイ「三十路男子、〝山里〟に暮らす」は、

写真・文章も本人(米川智史)発!

「薪がない・・・。山にはあふれんばかりの木があるというのに」

ではじまる連載14回目。
タイトルは「第十四関門 薪との生活(前編)」。

三十路男子へ、そして色川へ、皆さま応援よろしくお願いします。
メッセージもぜひ↓こちらまでよろしくお願いします。
irokawa.kyoryoku★gmail.com  ※★を@に変えて送信してください。
田んぼの中にいる米川さん。

この記事は2019年4月号でご紹介しています。
◆『のんびる』2019年4月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る