【終了】1/17(日)子どもの貧困学習会~日本とアメリカでの現状~

 子どもの貧困 学習会 ~日本とアメリカでの現状~

  昨今、注目を集めている日本の子どもの貧困。現在、日本では、
6人に1人が貧困状態にあると言われています。また、貧困のため
に子どもが学業を継続することが難しくなり、不安定な就労を余
儀なくされるといった貧困の連鎖も起きています。地域を問わず、
広く社会問題となっているのです。
kodomo-net
このイベントでは、子どもの貧困について日本とアメリカの状況
に詳しい方をそれぞれお招きします。具体的な事例から日本の現
状を理解すると共に、さらに深刻なアメリカの状況、そして改善
に向けた動きを知ることは、日本の未来を考える上で参考になる
でしょう。
身近な問題として、ぜひ一緒に考えてみませんか?
◆日時:1月17日(日)13:00~(12:30受付開始)
◆場所:アムネスティ東京事務所(小川町駅・淡路町駅・
             新御茶ノ水駅  B5出口から徒歩1分)
◆参加費:一般800円/学生500円
◆主催:アムネスティ・インターナショナル日本 子どもネットワーク
◆連絡先 E-mail: ai.childnet@gmail.com
◆事前申込制:こちらの画面よりお申込みください。
 

http://bit.ly/1NNvGxT



◆内容:[1]日本における子どもの貧困についてお話:青砥恭さん

 [2]アメリカにおける子どもの貧困についてお話:岡村千恵子さん

◆講師紹介
 【青砥恭さん】
NPO法人さいたまユースサポートネット代表。元埼玉県立高校教諭、
明治大学で講師(教育学、教育社会学、教育法学)。「子ども・若者
と貧困」の課題を研究している。2011年、特定非営利活動法人さい
たまユースサポートネットを設立。さいたま市内で、学生を中心に、
居場所のない子どもたちや若者のコミュニティづくりを展開。

2012年度からは、さいたま市の委託事業「生活保護世帯学習支援事
業」、2013年の夏以降、さいたま市の委託事業「さいたま市若者自立
支援ルーム」、厚生労働省の委託事業「地域若者サポートステーショ
ンさいたま」を運営中。著書(共著・編著)に『日の丸・君が代と子ども
たち』(岩波書店)、『ドキュメント高校中退』(筑摩書店)、新刊(編著)
に『若者の貧困・居場所・セカンドチャンス』(太郎次郎社エディタス)が
ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る