【終了】3/26開催 ソンミサン方式が生み出す地域発民主主義のカタチ

NPO法人 希望の種  講演会と対話のお知らせ

        いま 地域民主主義を考える

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               「ソンミサン方式」が生み出す地域発民主主義のカタチ             

   ─────────────────────────────────────────

 

日本同様、格差社会、青年の失業問題など、大きな社会問題を抱えている

韓国では、社会的企業、協同組合を活性化し、社会的経済を深化させてい

こうという動きが活発になっています。

 

なかでも全国的に大きな影響力をもつソウル市では、社会的経済推進の原

動力でもある<地域><住民>を育成する「マウル共同体事業」が朴元淳

(パク・ウォンスン)市長のもとで進められており、そのボトムアップを

強化する政策は、日本に大きな示唆を与えてくれています。

 

今回、ソウル市のユ・チャンボク協治諮問官をお招きし、ソウル市のホッ

トな状況をお伺いするとともに、日本社会が何を学べるのか、お越しいた

だく皆さんとの対話のなかで考えてみたいと思います。

 

◆日 時:  2016 3 26 日(土) 13 30 17:00

  13:00-13:30  受付

 13:30-13:40  開会挨拶

 13:40-15:40  基調講演「ソンミサン・マウルからソウル市のまちづくりへ

               住民 3 人から始まる公共性」<逐次通訳あり>

                ユ・チャンボク ソウル市協治諮問官

 15:40-16:00  休憩

 16:00-17:00  対話の時間

                 コメンテーター:日置一太( NHK 編成局チーフプロデューサー)

 

◆場 所: 立教大学池袋キャンパス  11 号館  A-203 教室

◆参加費: 会員・一般  1,000 円  学生  500 円(資料代)

◆主 催:  NPO 法人 希望の種  

◆後 援: 立教大学 和田悠研究室、関係団体と交渉中 

◆申込み:  hopemaker@kibounotane.org 宛にメールでお申込みください

 

チラシ案内はこちらをご覧ください 

http://kibounotane.org/?p=5064

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る