体も心もゆったり「いやしの村」(「はじめの一歩通信」より)

起業塾生インタビュー

仲間との「コラボ」で実現しました!
体も心もゆったり「いやしの村」
 
自身の体調不良がきっかけで、
カイロプラクティックの道へ進んだ岡庭さん。
施術院でさまざまな人と接するうちに、
「体だけでなく心も癒される場をつくりたい」
という思いを持つようになりました。
セカンドリーグ実践起業塾を受講後、自宅開業へ。
岡庭さんが「一歩」を踏み出した秘けつは?
いやしの村の岡庭さん
自宅サロン「オカニワ カイロプラクティック」をはじめた 岡庭麻友子さん。
「実践起業塾」第4期修了生です。

Okaniwa Chiropractic
(オカニワ カイロプラクティック)
(千葉県市原市)
【営業日】月・水・金(土日不定期)
詳しくはHPをご覧ください。
【TEL】0436-24-5188
http://www.okaniwachiro.net

勇気をくれた実践起業塾の仲間の言葉

元は自動車教習所の指導員をしていましたが、椎間板ヘルニアになり、
めまいや頭痛がおき、心のバランスもわるくなって退職しました。1年に1度くらい
本当に悪化してからカイロプラクティックを受ける、ということを繰り返していましたが
「諦めていた自分の体が治るかも知れない!自分もカイロプラクターになろう!」と、
カイロプラクティックの学校で学びました。在学中から千葉県や東京都の施術院で
修行を兼ねて働き、さまざまな不調を持つ人と接するように。なかには、「施術よりも
心のケアを受けた方がいいのでは?」と感じる方も多くいました。「自分が独り立ちしたら、
施術だけではなく、心のケアもできるような『いやしの村』を作りたい」という目標が
生まれてきました。

ただ、人に話しても「実際にできるの?」「ニーズはあるの?」と言われることも。どうしたら
よいか知りたくて、偶然『のんびる』の記事で目に留まった実践起業塾に参加しました。
起業塾では「いいアイデア!」「絶対に必要!」と仲間から共感や励ましの言葉をもらい、
そのおかげで「自分の目指す方向は間違っていないんだ」と自信が持てました。起業塾の
仲間には、やる気をもらい、今でも原動力になっています。
 2012年に自宅の一室で開業しましたが、はじめは一切宣伝せず、知り合い中心の
患者さんをたまに施術する程度。決して安くはない料金、自分にその価値があるのだろうか?と、ちゅうちょしてしまって、1年以上開店休業状態だったんです。

意外なきっかけで本格PR開始
仲間といっしょに夢を実現!

そんな私を後押ししてくれたのが、意外にも自宅を建てた際のライフプランナーさん。
「HPや名刺を作りましょうよ」と、アドバイスしてくれたり、売上計画まで立ててくれたりして、
これはもう逃げられないぞ(笑)と本格的に営業を始めました。
 まずは起業塾仲間にHP制作を依頼。内容は仲間が添削してくれたリーフレットが
元になりました。PRしたことで、だんだんとお客さんが増えて、売上金で新しい施術用の
台や骨格模型を購入。「こんな立派なものを買えるようになったんだなあ」とステップアップ
を実感しています。
一昨年から年に2回、起業塾の修了生で埼玉県飯能市に里山を持っている仲間との
共催で、念願だった『いやしの村』を開催しています。春はたけのこ掘り、秋は森の散歩や
農作業をして、心を癒した上で、カイロプラクティックの施術を組み合わせます。
体を動かして自分をリセット、元気をチャージできると好評です。
これから活動をはじめたい人は、すでに活動している人のお手伝いをしてみては? 
実際の経験ができて、仲間にも出会うことができます。お客さんから感謝されることで、
やる気もアップしますよ。
(『のんびる』2014年7月号“はじめの一歩通信”掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る