「イヤ」な記憶を「スキ」に変えて笑顔に。(「はじめの一歩通信」より)

人間関係のイライラ……。
「イヤ」な記憶を「スキ」に変えて笑顔に。
~自分を見つめなおせば「子育て」、「夫婦関係」、「職場の人間関係」がもっともっと楽に~

夫とうまくいかない、ママ友とうまくいかない……。
そんな悩みを抱えた子育て中のママに向けて、自分をみつめなおすワークショップを始めた仲居さん。
かつて悩んでいた自身の経験を活かして、女性を自分らしい笑顔に導いています。

仲居さん
「実践起業塾」第7期修了生 スマイル☆マルシェ 仲居 恵美さん

【ブログ】http://ameblo.jp/e7smilemi/
【ホームページ】http://e7smilemi.jimdo.com/
心の奥底に眠るコンプレックスの種とは
子育てでつまづく人は多いですが、原因が自分が子どもの頃の経験のことがあるんです。
子育てでイライラして、子どもに当たってしまった時「ごめんね」というよりも
「やりかえしてやった」という感情が込み上げてくるのはなぜ? 
それは、自分が子どものころにされたことを繰り返しているからなんです。
子どものころは祖父と母がよくケンカをしていたし、父と母も仲の良い夫婦では
ありませんでした。「イヤ」な家庭の雰囲気ってずっと心の中に残るんですよね。
「家庭は安心できる場では無い」と思い込んでしまう。
するとやがて自分の家庭も安心な場では無くなってしまうんです。
別れた夫はお酒を飲んで暴れることがありました。
自分の態度がそんな夫にしてしまったのかもしれません。
離婚して就職した会社では年々社長のパワハラがひどくなっていく……。
同じパターンの繰り返しでした。
今になって思うことですが、子育ても、夫婦関係も、職場の人間関係も
すべて自分の中に「問題の種」みたいなものがあるんです。
自分が持っている「思い込み」を手放さないと結局同じようなことを繰り返してしまうんです。

私の取り扱い説明書「自分トリセツ」

10年ほど前、子育てに悩んでいた時期に子育ての講習を受けたり、
心理学やカウンセラーの勉強をしたりしましたが、その後で出会ったのが
「自分トリセツ」の手法でした。

好きな物、言われたくない言葉、苦手なこと、などをシートに書きだして
自分を見つめなおします。つらいできごとも書きだして、あの時はイヤだったけど、
「学べることがあった」とか、「後からこんな良いことがあった」というように、思い直していくと、次のステップに進むことができるんです。
 
一人ひとりの今と、これからに向けてアドバイス
夫とうまくいかない、ママ友との付き合いや子育てが辛い、といった
悩みを抱えた女性に私の経験を活かして自分を見つめ直すセミナーを
1月から定期開催しています。「夫が育児や家庭に関わってくれない」というような
一人ひとりの今の悩みにも細かくアドバイスしています。
被害者意識が強かった人が、自分が原因でそういう感情になっていたことが分かり、
夫との仲が改善した例もあります。

起業で、周囲のお母さんからの見方にも変化が
 起業してからは世界が広がり、他の起業した人と知り合うなど、
出会う人も変わってきました。周囲からの見方にも変化が。
息子のサッカークラブには当番があるのですが、他のお母さんたちが
私の当番を免除してくれて、応援してくれることが最近うれしいです。
(『のんびる』2013年7月号“はじめの一歩”通信より)
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る