【発売中】エコもつながりもゆるやかにつくる♪『のんびる』2013年9月号

『のんびる』2013年9月号 ご注文の場合はこちらからお申込ください

のんびる2013年9月号表紙
福島の原発事故から2年半。
原発再稼動の動きが現実味を帯びるなか、
「自然エネルギー」という言葉も、私たちの生活に定着してきたように思います。
「節電!と必死になるだけではしんどい」
「もっと気軽に自然エネルギーに触れたい」
そんな声もあるかもしれません。
地域の人たちと語らい、考え、楽しむ。
そんな“自然エネルギーのあるくらし”が、できないものでしょうか。

【巻頭特別インタビュー】
守ろう!平等に医療を受けられる権利としくみ
医師/色平哲郎さん

【特集1】人とつながる、くらしに活かせる 自然エネルギー
◆昼食メニューはお天気次第?!
 家にある身近な材料でソーラークッカー作り&ソーラークッキング
◆“おてんとうさま”の恵みを地域の人たちと、エネルギーへいかす!
 コミュニティスペースで市民協同発電所
ほか

【はじめる!情報】
あなたの参加できるボランティア、イベント情報。
今回のテーマは、
「自然エネルギーやエコなくらしを 考えよう、実践しよう!」
・降り注ぐ太陽の光で、料理をしよう!

・たんすに眠る洋服や着物ありませんか?リメイク注文募集中!
・天ぷら油で走るバスで街めぐりしてみませんか?  

ほか

【掲示板】
◆コミカフェ&おうちカフェ 行って、みて、聞いて学ぼう♪ミニ講座

◆コミュニティカフェ実践起業塾 受講生募集in神奈川

【のんびる読者のひろば】
・私も「電気の生産者」に!小さなソーラー発電づくりのご案内

・ご自宅にねむっている和楽器を寄付いただけませんか?
・忙しいママのための「幸せ体質」引き寄せ レッスン   
ほか、読者が投稿する身近で素敵な情報が満載!

【“はじめの一歩”通信】
コミュニティカフェ喫茶大福屋 開店準備中/大橋さん

柳下久実の畑のキッチン】
簡単!おいしい!カレー風味の里芋サラダ

色平哲郎に医療エッセイ】
地域と医療からみる未来のかたち(第18回)

「介護」を克明に切り取った『ヘルプマン!』

内山節 里山から考える】
「風土」と調和する地域産業おこしを(「近代的発想のほころび[28])

【特集2】“ゆる市”“ゆる会”やるかい?
◆福を持ち寄って自宅でゆる市をひらこう
◆“得意なこと”を眠らせておくのはもったいない!マルシェをきっかけに、最初の一歩を
 &遊びにきてね10月19日「のんびるマルシェ」♪
ほか

【地域のお茶の間に行こう】
福島と都心を結ぶカフェ「ふくしまオルガン堂 下北沢」

のんびるサポーター’sメッセージ】
地域の力を再生するために 『のんびる』は不可欠!

株式会社シータス&ゼネラルプレス

裏表紙【首都圏生き物語り】


『のんびる』の表紙では毎号、障がいのあるアーティストの作品をご紹介しています。

表紙「とんぼ」  作:小田川豊
「この絵、久しぶりに見たので思わず、かわいー!と思いました」と豊さんのお母さん。
この絵を描いた10代の頃の可愛さ、元気さが伝わってきます。
「(今は)20代後半の落ち着き、気の利き方があり、人間の年代ごとの成長、素晴ら
しさを感じています」とも。
小田川さんが活動を行うNPO法人トントウハウス(東京都練馬区)は、ただいま
障がい者就労支援事業B型にむけて準備中!詳しくは今号特集1をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る