【売り切れ】TPPのいらない暮らし『のんびる』2012年2月号

『のんびる』2012年2月号 
 売り切れました。ご注文ありがとうございました。

web-nonbiru_1202
経済発展のために「開国」を、と推し進められているTPP(環太平洋経済連携協定)参加。
当初は、あたかも農業だけが標的のように語られていましたが、
実は、医療・金融・労働など、さまざまな市場での、
有無を言わせない規制撤廃・自由化が盛り込まれていることがわかってきました。
TPP参加によって、この国のかたちは、地域のありようは、ゆくゆくどうなってしまうのか。
私たちの暮らしはどう変わってしまうのでしょう。不安がいっぱいです。
間違いなくやって来る厳しい変化を切りぬけるにはどうしたらいいのか。
未来予測と共に、TPPなどいらないと言える地域と暮らしのあり方を考えます。

【特集】
TPPのいらない暮らし
【はじめる!情報】
 
・(抗がん剤で脱毛した人へ届ける)タオル帽子を 
  作りませんか? 
 など、8団体からの参加募集情報をご紹介
【地域の茶の間に行こう!】
【JIM-NETチョコ募金】
 「愛の力」は、きっとある
 (JIMーNET佐藤真紀さんインタビュー)
【つなげよう!農と食 】
 
城下町ではじまった地産地消のふれあい朝市
【社会貢献の新しいかたち】
【のんびるインタビュー】
 
介護から学ぶ、
 老いの哲学と地域の見守り力
 三好春樹さん(理学療法士)
【想いをつなぐ、お取り寄せ】


『のんびる』の表紙では、障がいのあるアーティストの作品をご紹介していますが、
今回は【JIM-NETチョコ募金】と連動し、イラクの子どもが描いた作品となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る