蕨のNPO法人シリーズ 精神障がい者を支援「糸ぐるま」

10月より、セカンドリーグ埼玉のある蕨市のNPO法人を訪問しています。

10月20日、南町にある「NPO法人糸ぐるま」の施設長 山寺さんにお話をお聞きしました。

蕨市には、精神障がい者を支援する団体は他になく、
「糸ぐるま」には現在100名以上利用登録されている方がいらっしゃるそうです。
戸田、川口などの他市からの利用登録者もいらっしゃいますが
主に蕨市の方が多いとのこと。

憩いの場所(地域活動支援センター)として糸ぐるまの活動。
自宅ではなく、穏やかにゆったりとすごせる場所を提供しています。
相談支援事業も行っており、日ごろの悩みや不安についても相談できます。

就労訓練のための作業所として北町に「つむぎ」を開設、同法人が運営しています。
戸田市と蕨市のフラワーセンターとも連携し作業に参加することもできるそうです。

また、蕨市より指定を受け、相談支援事業所も開設しており、精神障がいだけではなく
障がい福祉サービスに関わる「サービス等利用計画」の作成、相談を受け付けています。

近年、障がい者手帳を取られる方も1.5倍に増え、
手帳を持たず、ずっと通院されている方もいるので
精神障がいを抱えながら自宅で外にも出ることができず
生活している方が増加しているとのこと。
また、子どもの精神障がいも、増えてきているそうです。
まだまだ支援が必要です。

蕨の中で唯一の精神障がい者の支援を行っている団体「糸ぐるま」さん
地域の中で大事な役割を担っています。

11月30日、「糸ぐるまを支援する会」主催でバザーを開催するそうです。
会場は、糸ぐるま(埼玉県蕨市南町三丁目12番2号)。

毎年、開催するこのバザー、取れたての野菜を目当てに長蛇の列になることもあるそう。
10時から開催ですが売り切れ終了なので、お早めにとのことです。
お近くの方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

糸ぐるま
糸ぐるまの外観は、一軒家のようです。

お部屋の中
利用者さんはここでゆっくりと1日を過ごされます。

糸ぐるま 全景
日が暮れるのが早くなりましたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る