悩みを抱えた若者を、ひとりで社会に出さないために・・・。学校図書館にカフェがオープン!(連載「支え合うまちづくり」より)

連載企画「支え合うまちづくり」。
私たちの暮らしのすぐ隣にある格差や貧困、
制度のはざまで手が届きにくいところにスポットをあて、
私たちにできることを一緒に考えます。

ぴっかりカフェ。ボランティアが飲み物を配りながら生徒に声をかける様子
悩みを抱えた若者を、ひとりで社会に出さない。

NPO法人が学校図書館で運営する居場所「ぴっかりカフェ」

(9月号「支え合うまちづくり」より)

神奈川県立田奈高校とNPO法人パノラマが協力し、
毎週木曜日に学校の図書館で行っている「ぴっかりカフェ」。
誰もが来やすい「居場所」をつくり、
繊細な時期の若者の悩みや不安を発見して、
就職や将来設計まで応援する取り組みです。
悩みを抱えた若者をひとりぼっちで社会に出さない!
今、注目の取り組みをご紹介します。

NPO法人パノラマの石井さん
NPO法人パノラマ代表理事・石井さん。
一緒にゲームをし、演奏を教えることも。
何気ない日常会話をかわすなかで信頼関係をつくっていきます。

●神奈川県立田奈高校●
神奈川県内で3校が指定されている、学力試験なしで入学できる「クリエイティブスクール」の1つ。
中学校までに学力や本人のもっている力を十分に発揮しきれなかった生徒を積極的に受け入れています。
県内全域から通う生徒の中には、中学時代に不登校で授業を受けていなかったり、
コミュニテーションに困難を抱えていたり、母国語ではない日本語に苦労している生徒もいます。
また、さまざまな家庭の事情で、落ち着いて学習できる環境が整っていない生徒や、
家庭が経済的な困難を抱えているケースも。

◆『のんびる』2016年9月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る