【ホッとブログ】地域への思い、高橋ソースさん

6月11日、本庄からひとつ隣り、神保原から徒歩約30分、
工場地帯と思いきや、閑静な住宅街に高橋ソースさんの工場はありました。

お話をお聞かせいただいたのは、
産地開発をされている三浦さん。
“のんびるマルシェde net”にご紹介できないか相談が目的だったのですが、
地域コラボで“本庄がんもバーガー”や
熊谷のNPO団体が開催しているお祭りに出店協力しているお話を伺い、
こちらのつながりをご紹介したくなってしまいました。

“本庄がんもバーガー”は、パルシステムでおなじみのヤマキ醸造さんをはじめ
本庄地域でこだわりの松田マヨネーズさんなど5社がコラボして開発したもの。

三浦さんいわく、
「協働で作り上げていく過程は、とても大変でした。
 高橋ソースでは公害問題がとりあげられるようになった昭和40年代に
いち早く食品添加物を使用しないソースを作ってきたので、
そのころから地域、そしてくらしに目を向けていたのかもしれません。
また、本庄にはそのような思いの会社がたまたま集まってきて、
このコラボが実現できたのかもしれませんね。」
人のつながり、ご縁っていいなと思い感動・・・

この日はなぜか度緊張で、写真をなぜか1枚もとってこなかったのがとっても残念なのですが、
高橋ソースさんの工場の隣にはりんごの木があります。
毎年、りんごの実をつけるそうです。
本庄の地に足をつけ、広げていく高橋ソースさんを思わせてくれるのでした。

“本庄がんもバーガー”は残念ながらこの日は食べることができませんでした。
機会があったら、いつかリベンジしたいと思いつつ本庄を後にしました。

高橋ソース株式会社
〒367‐0063
埼玉県本庄市大字下野堂604-7
http://www.takahashisauce.com/index.html

※本庄がんもバーガーは毎月第3土曜日のみの限定販売とのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る