フードバンクは地域づくり、縁づくり。(特集「フードバンク」より)

フードバンクは地域づくり、縁づくり

国内のフードバンク活動のさきがけのひとつ「フードバンク山梨」。
活動を始めたのは2008年。
メディアで取り上げられる機会も多く、
見えにくい貧困問題を世に発信する役割も担ってきました。
理事長の米山けい子さんに、
活動を通じて感じている貧困の実態と
「フードバンク」の役割についてうかがいました。
倉庫にて フードバンク山梨の皆さん
政策的な後押しも充分でないなか、
フードバンク山梨が活動を継続できた理由のひとつは、
「大きすぎる課題を掲げなかったからだと思います。
あくまでも日常の活動から気づいた小さな課題を
小さく解決していくことを積み重ねてきた8年でした」と米山さん(写真中央)。

フードバンク山梨に届く利用者からのメッセージ利用した人から多くのメッセージが届く

◆『のんびる』2016年12月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る