みんなが集まる棚田のふるさとに。(特集「もっと、福島とつながる」)

みんなが集まる棚田のふるさとに
農家民宿を始めた菅野正寿さん(福島県二本松市)

農家民宿遊雲の里の前で、菅野さんと奥さま

阿武隈山系の山あいにある福島県二本松市の東和地域。
この地で農業を営む菅野正寿さんは昨年4月、家族とともに自宅で農家民宿を始めました。
東京電力福島第一原発事故の後、改めて見直したのが里山の暮らしの価値、
そして人との出会いの大切さでした。
訪問客に教えてもらったことやこの次のチャレンジのことなど、
農家民宿遊雲の里を訪ね、菅野さんにお話しをうかがいました。

農家民宿全景。雪景色。

写真/持城壮(写真工房坂本)

◆『のんびる』2017年3月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る