いっしょがいいね。障がいがあってもなくても(6月号特集プレ企画 インタビュー」)

6月号特集『いっしょがいいね。障がいがあっても、なくても』プレ企画!
お父さんのインタビュー
「いっしょがいいね♪」そうみんなで笑いたい。

手をつなぎ歩く父と娘の後姿
                                       撮影/持城壮(写真工房坂本)

『のんびる』読者の大久保さん。
パルシステムのPB商品『り・さいくりんぐトイレットペーパー』の販売会社
JPホームサプライ株式会社にお勤めです。
「長女に知的障がいがあることもあり、
障がい者や子どもに関する記事に関心があります。
誌面で紹介された障がい者が働くカフェに行ってみたり、
障がい者支援の雑誌『コトノネ』(※)を読み始めたのも
『のんびる』がきっかけでした」(大久保さん)。

6月号に予定している特集「いっしょがいいね。障がいがあってもなくても」
その先行企画となるこのインタビュー!
娘さんの障がいのこと、
「障がい児の親」ということがなかなか認められなかったこと、
変わるきっかけとなった「親の会」のこと、
父親としてなにができるのかなど、
これからのこともいろいろおききしました。

野球場にて、ユニフォーム姿の大久保さん
ユニフォーム姿の大久保さん。
マスターズ甲子園の予選に出場!
夢は「(予選を勝ち抜き)甲子園の出場すること、
そして、娘と一緒にホノルルマラソンに出場し、
家族にゴールで出迎えて欲しいです」。

 着物姿の娘さん
大久保さんのお嬢さん。
祖母・母と受け継いできた着物で成人式を迎える。
(2枚の写真の提供は大久保さん)

社会をたのしくする障害者メディア『コトノネ』
『のんびる』と『コトノネ』の出会いは
 2013年11月号特集「障がいという個性を活かして」
 『コトノネ』編集長インタビューがきっかけでした。
 その後、お互いの誌面でお互いを紹介する“エール交換”をしています。
 その誌面をきっかけに『コトノネ』を知った!という方もいて
 嬉しい効果になっています。

 JPホームサプライ株式会社
 オフィスや家庭で使用する再生紙のトイレットペーパーや
 ティッシュペーパーなどの販売会社。
 パルシステムのPB商品『り・さいくりんぐトイレットペーパー』
 販売会社でもあります。
 

◆『のんびる』2017年4月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る