【終了】~8/19(土)「人権という希望」11人の写真家がいま、伝えたいこと

写真展&トークセッションのご案内

「人権という希望ーすべての人はこの世に一人しかいない」

人権という希望のサムネイル
http://www.tokyo-hrp.jp/exhibition/document/feature_2017_01_01.pdf


『のんびる』2016年5月号特集「18歳の選挙権」にもご登場いただいた
写真家の落合由利子さんから、写真展&トークセッションのご案内です。
落合さんの展示は、5月13日(土)まで。
写真展は3期にわたり、8月19日まで開催されます。

◆期間:3月15日(水)~8月19日(土) 9:30~17:30
 
※日曜休館です。ご注意ください。
◆無料

◆会場:東京都人権プラザ企画展示室
◆内容:テーマ「人権という希望ーすべての人はこの世に一人しかいない」
◆主催:東京都人権プラザ


宇井眞紀子さんの監修で
太田順一さん、大西暢夫さんと尊敬する仕事をしている写真家とのグループ展です。

私(落合)は、16年前に発表した「働くこと育てること」を再構成再プリントしました。
写真の中の子どもたちが大人になり社会に出ようとするこの時期の開催は、
時のめぐりの重なりを受け止め、自分に襟を正す作業となりました。
期間中の土曜日は在廊予定です。
足をお運びくだされば幸いです。
4月15日(土)は、14時~16時でトークセッションがあります。
(東京都人権プラザ1Fセミナールームにて)


写真展は3期にわたり興味深い展示がが8月19日まで続きます。

詳しくは下記URL(チラシPDFへのリンク)をご覧ください。
http://www.tokyo-hrp.jp/exhibition/document/feature_2017_01_01.pdf
http://www.tokyo-hrp.jp/exhibition/document/feature_2017_01_02.pdf

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る