「地域診療所」から見た介護とコミュニティ(特集「尊厳を守る介護」)

「地域診療所」から見た介護とコミュニティ
東京ほくと医療生活協同組合 荒川生協診療所
泉水信一郎所長に聞く

荒川診療所の皆さん
4月号特集で、ご両親を介護中のTさん(60歳女性)と、
ご両親を看取られたKさん(51歳女性)からお話を伺いました。
その取材仲介の労をとってくださったのが、
地域診療所「荒川生協診療所」です。
同診療所所長で、家庭医医療専門医の
泉水信一郎(せんすい しんいちろう)さんに、
家庭医という存在のこと、
地域診療所が介護を考えるうえで大切なこと、
尊厳と介護について、
「老いゼミ」にこめた想いなど、お話を伺いました。

泉水信一郎(せんすい・しんいちろう)
プライマリ・ケア学会認定・家庭医医療専門医/
同指導医、東京医科大学地域医療臨床准教授、
糖尿病学会・療育指導医。2016年4月より現職。
 

◆『のんびる』2017年5月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る