蕨のNPO法人シリーズ ベストライフ

蕨にはNPO法人が16団体登録されています。
セカンドリーグ埼玉が昨年6月に武蔵浦和から蕨に移転し
遅くりましたが10月よりごあいさつ回りをさせていただきながら
団体の活動について教えていただいています。

今日は、南町にある NPO法人 ベストライフ さんに訪問し、
統括責任者の岡崎さんのお話をお聞きすることができました。

NPO法人 ベストライフ さんは、高齢者・障害者等社会的弱者の地域生活支援を目的として
2007年10月に設立されました。
事業は、蕨、戸田、川口市内にお住まいの方を対象に、蕨市障害者生活支援センター(特定相談支援、障害児相談支援)、ベストライフサポート(訪問介護、介護予防訪問介護、障害者福祉サービス、福祉有償福祉送)、ベストキッズとだ(放課後等デイサービス)を展開されています。

事業をはじめたきっかけは、障害者の就労支援で、はじめは訪問マッサージをされていたそうです。
現在は、蕨市障害者生活支援センターとして蕨市からの事業委託を受け、総合的相談を受け、自分たちの団体の活動だけではなく、近隣の団体との連携で、すまいからくらしのお困りごとまでセットでメニュー提案しているとのことです。

ベストキッズとだ(放課後等デイサービス) は、障がいを持った子供たちの学童保育。
障がいのある子どもたちに対し、放課後や長期休暇中においての療育の場(日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練等)であるとともに、放課後等の居場所、また、レスパイトケア(ご家族に代わり一時的にケアを代替することで、日々の疲れ等をリフレッシュしてもらう家族支援サービス)としての役割を担っています。 

 

ご利用希望の方はぜひベストライフさんにご相談ください。

NPO法人 ベストライフ
IMG_6340 (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る