蕨のNPO法人シリーズ 生活ホームのどかを運営「NPO法人それいゆ」

蕨にはNPO法人が16団体あります。
昨年引っ越してきてようやくご挨拶ができるようになりました。
訪問させていただき、団体の活動を教えていただいています。

今日は、「NPO法人それいゆ」理事長の柿沼さんにお話を伺うことができました。
蕨市錦町の旧中山道沿いの自転車店だった物件を買い取り改築して、
知的障がい者のグループホーム「のどか」を開設運営されています。

「のどか」では、自閉症の方が主に利用されていて
日々の暮らしの中での利用者のこだわりに合わせ、
親代わりとして利用者の悩みの相談を受け、
病気になれば付き添うという、きめ細かい対応をされています。

コンセプトは、「楽しく生活していこう」だそうです。
利用者が職場でつらい事もあるので、フォローもきちんとされているとのことです。

社会の中で、家族から独立して生きていく場所として
居心地のよい自宅として、「のどか」を運営されているのだと感じました。

IMG_6728
利用者の方とそのご家族と一緒に手入れをしている庭
ご家族とのかかわりが途切れないよう配慮している

IMG_6264
「それいゆ」さんの運営するグループホーム「のどか」は正面、中山道の曲がり角にあります。
訪問した日は熱かったのですが、中はとても気持ちの良い風が流れていました。

住所  埼玉県蕨市錦町5-9-22
電話  048-441-7255(担当:柿沼 4時以降)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る