【募集中】映画『おだやかな革命』上映会を開いてみませんか

映画『おだやかな革命』上映会を開いてみませんか?

映画『おだやかな革命』チラシ
©映画・おだやかな革命

映画『おだやかな革命』
製作/有限責任事業組合いでは堂/監督:渡辺 智史/撮影:佐藤 広一/
後援:ふくしま自然エネルギー基金、やまがた自然エネルギーネットワーク、
エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議
http://odayaka-kakumei.com
https://www.facebook.com/odayakakakumei/


各地で進む地域再生の物語

映画『おだやかな革命』は、地元の自然エネルギーを活かして、
地域の再生をめざす各地の取り組みを描くドキュメンタリーです。
主役となるのは、地域の人々。
たとえば、岐阜県郡上市の石徹白地区では、約100世帯の住民が小水力発電を導入し、
売電収益を農村振興に充てています。
若い移住者による起業で活気づく岡山県西粟倉村では、
間伐材を利用した薪ボイラーによる熱供給が始まり、
地域の姿が変わろうとしています。
本誌2014年10月号で紹介した会津電力も登場。
エネルギーとのかかわりを通して、
持続可能な社会に向けた「地域の幸福論」を問いかけます。

撮影が始まったのは2015年。
監督は、山形在住の渡辺智史さんです。
ネット上でプロジェクトの協力を呼びかける
クラウドファンディングという手法で製作資金を集めました。

この夏からは取材地での上映会がスタートし、
秋からは都内の映画館を皮切りに全国公開の予定となっています。
在来作物のタネを守る山形の人々を描いた前作の『よみがえりのレシピ』同様に、
各地での自主上映もめざしています。

申し込み・問い合わせ
有限責任事業組合 いでは堂
【TEL/FAX】0235-24-8387

写真提供/映画・おだやかな革命。映画で登場する会津盆地
映画に登場する福島県会津盆地。©映画・おだやかな革命


映画『おだやかな革命』は、

『のんびる』2017年8月号特集「共につくるエネルギー」でご紹介しています。
◆『のんびる』2017年8月号 目次

渡辺智史監督のインタビュー「システムに依存しなくても 映画を届けられる時代」は、
『のんびる』2017年10月号「ようこそ名画座」でご紹介しています。
◆『のんびる』2017年10月号 目次 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る