大きな声を出せない公園(1月号特集「不寛容が気になりませんか」)

大きな声を出せない公園
大声禁止の公園がジワジワと広がっているようです。
保育園や幼稚園の子どもの声にも「うるさい」という苦情がでる世の中。
大きな声は要注意と公園を歩いてみました。
そこでみたものは・・・。

公園の張り紙。「大声をださないで」と書いてある。
住宅と隣接している千葉県のある公園にあった注意書き。
この下にベンチがあり、
夜間にも若者が長話をしていたようです。
今ではそのベンチも撤去されています。

マンションの囲まれた公園のはりがみ。「静かに遊びましょう」とある。
ある公園にあった「静かに遊びましょう」という掲示。
フェンスを隔ててすぐ隣は集合住宅。
大きな声は、周囲に響きます。
「都市部の場合は、公園のすぐ隣に家があったりするところが多いんです。
マンションに囲まれたところなどでは上の階の方にも音が反響することがあり、
それが苦情につながる。
本来子どもの声なので許容できる部分もあるのかとも思うのですが、
苦情が多いところは、どうしても掲示板などで注意せざるを得ないんです」
(公園の管理運営を担当するある区役所職員)

この記事は2018年1月号でご紹介しています。
◆『のんびる』2018年1月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る