たとえひとりでも、その人の支えになるのならやめられない(1月号特集)

たとえひとりでも
その人の支えになるのならやめられない

独立型社会福祉士 黒田和代さん
黒田さん正面。後ろに公園の緑がみえる。
ホームレス、生活保護の受給者、元受刑者・・・。
地域から孤立し、ときには偏見の目さえ向けられる困窮者にも、
それぞれの事情や人生、想い、哀しみがあります。
独立型社会福祉士の黒田さんは、
地元の町でそんなおじさんたちに寄り添ってきました。
黒田さんは支援で関わる困窮者のことを「おじさん」と呼び、
まるで友人のことのように話を聞かせてくれます。

車の中に積み込んだゴミ。
集積所に置き去りにされたゴミをマイカーで運ぶ(黒田さん撮影)。
「アパートに住むあるおじさんは、ゴミの分別がうまくできず、
ある朝、、ゴミを持って行ってもらえなかったんです。
私は自分の車にゴミを載せて、地元のクリーンセンターに運び、
無慈悲なことはやめてほしいとお願いしました。
担当の方は、ちゃんとわかってくれました。
おじさんにもゴミ出しのルールを伝えました。
手間も時間もかかりますが、困窮者支援はそういうものだと思うんです」
黒田さんのブログには、
独立型社会福祉士の日常を通じて、
日々寄り添う人たちのエピソードが綴られています。
「関わっていると、相手の素の部分がチラッと見えてくるんです。
私が出会ったおじさんたちは、
どんなに頑固で性格がひねくれていても、
さびしいし、傷ついているし、
誰かとつながりたいと思っているんです」
(黒田さん)


食料の寄贈、寄付のご協力をお願いします
黒田さんは、フードバンクネット西埼玉の事務局の活動もしています。
今、フードバンクネット西埼玉では、
生活困窮者をはじめ、さまざまな事情で食べ物を必要とする人たちへの
食料の寄贈、寄付を集めています。
下記倉庫にお持ち込みいただく他、宅配でも受け付けています。
宅配便等でお送りいただく際は、
お手数ですが、事前にお問い合わせをお願いいたします。
また、送料のご負担をお願いいたします。
皆様のご協力をお願いいたします。

フードバンクネット西埼玉
【倉庫所在地】
〒359-1162埼玉県所沢市和ケ原1-166-7
(西武池袋線狭山ヶ丘駅から徒歩5分、「サンロード商店街」内)
※寄贈食料品の受け付けは、毎週月・木曜日11:00~17:00です。
【受け取り可能な食料】
①賞味期限まで1か月の余裕のあるもの
②常温保存できるもの(レトルト食品、缶詰、乾麺など)
③袋や容器に賞味期限が明記されているもの
④未開封のもの
【問い合わせ先】
TEL:070-5080-3068 (黒田)
Eメール:fbnws2016★gmail.com ※★を@に変えて送信してください
フードバンクネット西埼玉FBもあります!ぜひご覧ください。

撮影/堂本ひまり

この記事は2018年1月号でご紹介しています。
◆『のんびる』2018年1月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る