大地から、大空へ 感謝と祈りをこめて。自然生クラブの創作田楽舞。(特集「アートのチカラ」より)


自然薯クラブ 創作田楽舞の練習の様子
魂を奏で、麗しく舞う
自然生クラブの創作田楽舞(6月号特集より)

豊穣を祈り、自然への感謝の念を捧げる供儀として、古より伝わる「田楽舞」。
北関東の名山、筑波山の南麓では、自然生クラブの皆さんが「創作田楽舞」を創り上げています。
勇壮かつ華麗、幽玄にして妖艶。
即興が創り出す世界です。


◆『のんびる』2016年6月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る