創業の地への愛情が育む洋食の味を食卓へ(9月号「わたしたちの志事」より)

創業の地への愛情が育む洋食の味を食卓へ
エム・シーシー食品株式会社(兵庫県神戸市)

朝摘みのバジル
神戸に本社があるエム・シーシー食品は、茹でたてのパスタに和えるだけで、本格的な味が楽しめる
『産直ジェノベーゼソース』の製造メーカーです。
同社では近年、兵庫県産の食材を用いたものづくりに取り組んでいます。
そこには21年前の悲しい出来事を経験したからこその、深い地元愛がありました。

写真提供/エム・シーシー食品株式会社

 

●エム・シーシー食品株式会社●
大正12年、佃煮製造の「水垣商店」として創業。
昭和6年より缶詰(いわし、いちごじゃむなど)、
34年より調理缶詰(ミートソース、ドライカレー)、
43年より調理冷凍食品(クリームコロッケ)の製造を開始。
現在は、カレー、スープ、中華・パスタソース、ピザ、グラタン、ピラフ等々、
多くの商品アイテムを展開する傍ら、地元産の食材を用いた商品開発に取り組む。
パルシスムの人気商品『産直ジェノベーゼソース』も製造している。

◆『のんびる』2016年9月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る