フリースクールに通った2人。不登校の日々でつかんだこと(「子どもたちが生きづらい」)

フリースクールに通った2人。
不登校の日々でつかんだこと

ビーンズふくしま看板「Beans OPEN」と書かれている

学校に行けない、行きたくない子どもを受け入れる場のひとつに
「フリースクール」があります。
今回、訪れたのはNPO法人ビーンズふくしまが運営する
福島市内にある「フリースクール ビーンズふくしま」。
中学校時代に不登校を経験し、ここに通った2人が、
当時のことを話してくれました。
「いい人」になろうと頑張ったこと、
自分にとってのビーンズふくしまとは?
世間一般の「不登校」のイメージについて思うことなど・・・。

ビーンズふくしま 2人のお気に入りのスペースで
ビーンズふくしま 2人のお気に利のスペースにて
2人それぞれのお気に入りの席、好きな場所で。

NPO法人ビーンズふくしま
1999年9月「フルースクール ビーンズふくしま」設立。
2003年にNPO法人化。
福島大学卒の若者による研究会と、
不登校の子どもをもつ親の会が出会い、フリースクールを設立。
フリースクールの対象は、小学生から成人前まで。
現在は、フリースクール以外にも、
不登校やひきこもりなどの生きにくさを抱える子ども・若者を対象に、
居場所づくり、就労支援、カウンセリングなど
幅広い活動を展開しています。

撮影/堂本ひまり

この記事は2017年7月号でご紹介しています。
◆『のんびる』2017年7月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る