「誰かに生かされている。そのことを教えてくれた“しょぼ喫”でずっと・・・」/インタビュー

誰かに生かされている。
そのことを教えてくれた“しょぼ喫”でずっと・・・
池田達也さん(「しょぼい喫茶店」店長)
小しょぼP41_44_4100
『のんびる』では過去に「しょぼい喫茶店」のことを2度
2018年7月号「ひきこもりノート」同10月号「こころの休憩所」
ご紹介させていただきました。
池田さんの初めての著書『しょぼい喫茶店の本』出版を機に、
ふたたびお店を訪ね、本のこと、お店のその後などうかがいました。

しょぼい喫茶店では、昨年から「いつでも子ども食堂」と銘打ち、
18歳未満のお客さんは飲食費無料のサービスも行われています。
「イベント的ではなく、いつ、誰が来てもいい、
というスタイルにしたかったんです。
・・・子どもの貧困や生きづらさの解決に、
このサービスがどれだけ寄与しているのか、正直わかりません。
それでも、続けていきます。
『しょぼ喫』には、いろんな人たちが来ます。
無職の人、生きづらさを抱えた人、発達障がいや精神障がいと向き合う人……。
僕自身、就活に失敗して、死にたいと悩みました。
いろんな人がいて、いろんな人生があって、
それでも生きていけることを、この店でみんなに知ってほしいんです。
僕自身ここで、そのことを知りましたから。
もし自分が、自分の子どもが悩んだとき、しょぼ喫のことを思い出してほしい。
そうすれば親だって、少しは寛容になれる気がするんです。
みんなが自由に楽しく、ふらふらと、しょぼく生きていける。
それを知ることが、子どもにとっても大人にとっても、
セーフティネットになると思います」(店長の池田達也さん)。



いけだ・たつや
1994年長野県生まれ。上智大学文学部卒業。
就職活動に失敗したのち、ツイッターを通じて出資を受けた100万円を元手に起業。
2018年3月、元看護師のおりんさんと中野区新井薬師前に「しょぼい喫茶店」を開店。
2019年4月に著書『しょぼい喫茶店の本』(百万年書房)を上梓。
著書刊行の前までは「えもいてんちょう」(通称「えもてん」)と名乗っていた。 

小しょぼ本棚P41_44_4101
池田達也著『しょぼい喫茶店の本』(百万年書房、定価1,400円+税)
全国書店やAmazonなどで絶賛発売中!

しょぼい喫茶店
〒164-0002 東京都中野区上高田2-54-8-2F
【営業時間】11:00〜17:00
(土日は19:00まで、木金のイベント営業時は22:00まで
Twitterアカウントに最新の営業カレンダーあり)
【アクセス】西武新宿線新井薬師前駅南口より徒歩5分
/JR・東京メトロ中野駅北口より徒歩12分
※貸切予約・イベント利用可。お問い合わせ、ご予約は
Twitterアカウント右上のダ
イレクトメールからお願いします。
【公式Twitterアカウント】@shobokitsu
小しょぼいP41_44_4106

撮影/堂本ひまり


◆『のんびる』2019年8月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る