【発売中】ちいさなしあわせレシピ~農からの贈りもの~ 『のんびる』2018年11月号

 

『のんびる』2018年11月号 ただいま注文受付中!ご注文はこちらから

『のんびる』2018年11月号表紙
 
代々伝わってきた食の知恵、
 子や孫に遺したい味、
 種たねをつなげる喜びと楽しみ、
 忘れえぬふるさとの風景─
 ささやかだけど、あったかいしあわせ。
実りの秋、土が育む、おいしい贈りもの。

【特集】ちいさなしあわせレシピ~農からの贈りもの~・前半

◆わが家はみんなの“かかりつけ農家”(だいこんや農園
◆至福の農園フルコース(フードギャラリー具縛
◆飯舘の母ちゃんの食と暮らし“までぇ”に遺したい(簱野梨恵子さん)
◆たねを守るということは たねに助けられること(文 上野長一)
パルシステムの産直産地からお届け『有機野菜セット』は季節の便り
 (有機農法ギルド、ちば風土の会)
畑に植わっているコールラビ

【のんびる編集長・前田和男の特集エッセイ 管見拙説蒙御免】
 
わが〝ちいさなしあわせレシピ〟─シマヘビのかば焼


【はじめる!情報】
買う・寄付・ボランティアなど、あなたの参加できる「はじめる!情報」。

・「国際有機農業映画祭」開催!/国際有機農業映画祭運営委員会
・スタッフが語る「はじめてよかった!」/NPO法人「ビーンズふくしま」(福島県福島市)
 出会いとつながりの場を広げたい

ほか

【のんびる読者のひろば】読者が投稿する身近で素敵な情報が満載!
・8月号「夏こそ、手作り」掲載のバッタの写真にびっくり!おじさんの草バッタ
・新聞の取材、ボランティアの希望・・・
 思いがけぬ応援に大変ビックリしました(ユニバーサル絵本UniLeaf)
点字シートのついた絵本
ほか

【参加者募集】
11月23日(金)パルシステムグループ市民活動助成団体 実践報告・交流会

セカンドリーグ神奈川通信】
「ふらっとパル茅ヶ崎」で夏祭りを開催

色平哲郎
医療エッセイ】
地域と医療からみる未来のかたち(第76)
わが家の「長男」は、実は私。~色平ファミリーの子育て日記(1)

内山節 里山から考える】
リタイア後、仕事と遊びの一体化を模索してみては?
(働き方と遊び方 3)

【特集】ちいさなしあわせレシピ~農からの贈りもの~・後半

◆種をとって育てる野菜 昔ながらのおいしさです!
 (高田泰運さん・和加奈さん夫妻)
◆珍しい品種が好評です。(文 佐々木博子)
◆徳山村のしあわせレシピ(写真・文 大西暢夫)

【好評連載エッセイ 縁側だより 「スマートではないけれど」】
イヤホンのついたラジオと袋
写真/鈴木暁子のブログ「縁側だより」より

【「里山ハーブ」を知って、味わう】
くらしと自然のつながり。身近な野草「里山ハーブ」をおいしく食べて実感!
今回登場するのは「ヒキオコシ」。
里山ハーブやドライフルーツをのせた丸いお餅
写真提供/食楽風土(くらふうど)


『のんびる』の表紙では毎号、障がいのあるアーティストの作品をご紹介しています。

今月号の表紙「タマネギ」 作:中里笑子(アトリエからふる)
『のんびる』表紙に多彩な作品を提供して頂いている、「アトリエからふる」(埼玉県川口市)。

アートを通して、障がい者の自立支援を続けています。いつも物静かに絵を描いていますが、
誰かに声をかけられると嬉しそうに微笑む笑子さん。この絵を持って、からふるスタッフと一緒に撮った写真を、
大切に飾っているそうです。
作品提供/アトリエからふる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る