「菜花を食べる」(鈴木暁子の好評エッセイ「縁側だより」)

菜花を食べる
新聞紙の上におかれた菜花の束
日差しが春めいてくると、
冬を越してきた野菜たちは一斉に董立ちして花をつける。
菜花の季節だ。

そんな話で始まる今回のエッセイのタイトルは
ずばり「菜花を食べる」。
鈴木さんはどんな食べ方をしているのか?興味がわきます。
畑と食卓に春を感じるエッセイです。

モットーは、お金をかけず、その分手間を。鈴木暁子の好評連載エッセイ。

今回のエッセイは4月号でご紹介しています。
鈴木暁子のブログもあわせてお楽しみください♪

写真/鈴木暁子

◆『のんびる』2018年4月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る