「残った汁の始末」(鈴木暁子の好評エッセイ「縁側だより」)

残った汁の始末
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先日、ラッキョウの酢醤油漬けを作ってくださった方から、
残った漬け汁は?と尋ねられた。

そんな話で始まる今回のエッセイのタイトルは
「残った汁の始末」。
今年、梅干しを漬けた人もそうでない人も
ちょっとのぞいてほしいエッセイだ。

モットーは、お金をかけず、その分手間を。鈴木暁子の好評連載エッセイ。

今回のエッセイは10月号でご紹介しています。
鈴木暁子のブログもあわせてお楽しみください♪

写真/鈴木暁子

◆『のんびる』2018年10月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る