乗る人を想い、ていねいに。充実したときを車いすとともに(特集「誰かの役に立ちたい」より)

乗る人を想い、ていねいに。
充実したときを車いすとともに

車いすをみがく様子
東京都練馬区にあるNPO法人トントゥハウスで働きながら、創作活動に励む小田川豊さん。
豊さんの絵画と書の数々は、『のんびる』の表紙や特集記事でご紹介してきました。
豊さんはふだんの仕事と創作活動の合間をぬって、ボランティアを続けています。
使われなくなった車いすたちを海外に贈るため、クリーニングする活動です。
できることで、役に立ちたい。その真摯な姿を追いました。

車いすのネジ。分解してきれいにする。
車いすのネジ。分解して1つ1つ丁寧にみがく。

◆『のんびる』2016年11月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る