この町でこれからも「波伝の森山学校」(特別連載/被災地は今)

新!特別連載/被災地は今
この町でこれからも
「波伝の森山学校」合同会社 代表社員 渡辺啓さん(宮城県本吉郡南三陸町)
小被災地いま本人P48_50_4800a
被災した各地で今、人々が何を思い、どんな取り組みが進んでいるのか。

3月号特集「拾いきれなかった声を聞きにいきました(仮)」の
プレ連載企画の第2 回は南三陸町が舞台です。
渡辺啓さんは、長期ボランティアとして南三陸を訪れ、この町で暮らし始めます。
あれからもうすぐ8 年。
新居を建て、家族7 人で暮らしながら、
自伐型林業(※1)を通したまちづくりに没頭する毎日です。

(※1 )山林所有者が自ら木の伐採・搬出・製材・乾燥・出荷などを担う。

小被災地いま家P48_50_4801
建築中の地元食堂「松野や」

「南三陸で暮らすようになって、自伐型林業に興味をもったんです。
放置林から切り出した木を〝材〟にすれば、森も荒れませんし、
海の恵みにもつながります」(渡辺さん)。
 こうした想いから生まれたのが、互いに助け合う「結ゆい」の精神にもとづく
「南三陸木の家づくり互助会」(※2)です。
南三陸の木を用い、地元の人たちの手で板倉造り(※3)の家を建てます。
その第一号が、地元の食堂「松野や」でした。
「地元のいろいろな人、それこそ樵きこりと漁師がいっしょになって建てました。
元に戻る復興ではなく、新たな仕事づくり、場づくりになる希望を感じました。」

(※ 2)2013年9月設立。地元の材と人手(会員間の互助)に頼ることで、
    伐採・製材・乾燥・建築などのコストを抑える利点もある。
(※ 3)板倉構法。杉の木の柱に溝を入れ、そこへ杉板を落とし込み、
    外周りを杉の板で囲む日本古来の伝統工法。

●●●●
「南三陸サポーターズクラブ」で
     山の恵み、海の幸を♪
●●●●●●●●
小被災地いま山の中P48_50_50kab
小被災地いま ツーリズムP48_50_50ka

「南三陸サポーターズクラブ」(通称「SC南三陸」)では、
林業や漁場を体験できるグリーンツーリズム・ブルーツーリズムのほか、
地元ならではの料理教室、無料民泊といった企画を行っています。
現地に行かなくても応援できるオーナー制度
(かき、ほや、わかめ、放牧豚など)もあります。

問い合わせ先
波伝の森山学校合同会社
〒986-0781
宮城県本吉郡南三陸町戸倉字底土53-4
【Eメール】yamagakko2014@gmail.com

波伝の森山学校合同会社
地域資源(山・海・人)を地域内で循環させることを目ざし
渡辺さんが2014年に設立。
「ヤマガッコ」とは、授業をさぼって海や川で遊んだり、
山で秘密基地をつくったりすることを指す東北の方言です。

撮影/堂本ひまり

この記事は、2019年1月号でご紹介しています。
ぜひご覧ください。

◆『のんびる』2019年1月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る