社会の当たり前が、当たり前ではなくなる「異文化体験」!タイムトラベル100時間ツアーに参加してみませんか

タイムトラベル100時間ツアー」に参加しませんか
小レッツ石拾い中P06_09_DSC_9632
石拾い中

レッツの施設を「観光」するツアー。様々な人が行き交う場所で、
社会の当たり前が、当たり前ではなくなる「異文化体験(Culture Dive)」をしてみませんか。
詳細、申込みはこちらから

「アートは一人ひとりの存在を肯定するためのツールなんです」
クリエイティブサポートレッツ代表 久保田翠さん
小レッツ久保田さんP14_15_DSC_9449


  その人の欲望や行為と、周りの人がどのように折り合いをつけるか。
そのプロセスがアート的であり、それを社会に開いていくことが
レッツの活動だと久保田さんは話します。
「石を容器に入れて叩き続ける、水浴びをする、ゆっくり歩く…。
彼らが大切にしているものに価値を見いだしていかないと、
その人を全否定することにつながってしまいます。
彼らの行為は存在することとイコールだと思うんです。
問題行動だと捉えてしまう私たちの価値観を変えたり、
ひっくり返したり、さらに社会と接続させていくのがアートだと考えています。
観光(タイムトラベル100時間ツアー)も同じで、彼らと接してもらうことで、
違和感とか居心地の悪さがあったとしても、それを含めて体感してもらう。
そこから『あなた』が考え始めてほしいのです」

くぼた・みどり
東京芸術大学美術学部大学院環境デザイン科修了。
障害のある長男の出産を機に、エイブルアートに出会う。
建築士として働きながら、2000年クリエイティブサポートレッツ設立。現
在は障害福祉サービス事業所アルス・ノヴァ、
誰もが自由に利用できる居場所「のヴぁ公民館」を拠点に、
ソーシャルインクルージョンをめざし多様な活動を展開。

認定NPO法人 クリエイティブサポートレッツ
http://cslets.net/

たけし文化センター連尺町 
〒430-0939 静岡県浜松市中区連尺町314-30

撮影/編集部

タイムトラベル100時間ツアーに編集部が参加!
その時の様子、久保田さんのインタビューなど
『のんびる』2019年9月号特集でご紹介しています。

◆『のんびる』2019年9月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る