機械と向き合う(連載/三十路男子〝山里〟に暮らす!)

機械と向き合う
大三十路男子P49_P_20170501_110159
和歌山県那智勝浦町色川地区へ移住した

三十路男子・米川智史の〝山里〟暮らし。
地域おこし協力隊としての、そして協力隊任期満了後の日々。
次々と〝関門〟を突破する奮闘の日々。
そこに暮らしてはじめてわかる、笑いと涙にあふれた
エッセイ「三十路男子、〝山里〟に暮らす」は、

写真・文章も本人(米川智史)発!

田舎で暮らし始めてはや4年。
自分のなかで「ああ変わってきたな」と感じることのひとつに、
機械への向き合い方がある。
はじめの1年くらいは、自分の納得感のためにもエネルギー的にも、
農作業や草刈りはできるだけ手作業で、なんて簡単に思っていた。
だが、その思いは早々に打ち砕かれる。
なぜなら、体力がないから。

連載17回目のタイトルは「機械と向き合う」。
山里に暮らす、その理想と現実!ぜひご覧ください。

この記事は10月号でご紹介しています。
◆『のんびる』2019年10月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る