好評連載中!「この人を見よ!」 表紙の作者の創作活動の現場にお邪魔します!

新連載!今月の表紙から「この人を見よ!」vol.2
小表紙作品P50_51_DSC_0414
今月の表紙:カプカプ川和のなかまたち( 2011年/紙、カラーマーカー) 
作:高橋智美 TAKAHASHI TOMOMI

小表紙本人P50_51_pH1_DSC_0217
たかはし・ともみ
1984年生まれ。2003年より横浜市の「カプカプ」に所属。
パソコンでガイドヘルパーと出かけた先のリポートを記している。

にぎやかな愛のゆくえ
小表紙代表作品P50_51_29
 代表作のマグカップには表面にびっしりと「滝沢秀明」「今井翼」の名前。
その隙間を埋めるようにハートと「カッコイイ」という文字がびっしりと彫られています。
ちょっと「耳なし芳一」を思い出すくらいの想いがあふれています。
 でも、好みの「イケメン」は時の流れとともに移り変わります。
タキツバだけでなく松本潤さんも好きでしたし、
王様のブランチの司会をしていた谷原章介さんがたいそうお気に入りでした。
そんなわけで、司会が交代してからずっとアンジャッシュ渡部さんの絵を描いています。
最近は「キンプリの岸優太くんに会って、握手したい」そうです。
 わたしにそんな話をしてくれるようになったのもここ数年のこと。
シャイでちょっとガマンし過ぎなところがあって、
いつも気持ちを自分の中で押し殺してしまっているから、
だれかが引っ越してしまうとか亡くなってしまった時には、
爆発するように号泣し、ぐったりするまで悲しむのでしょうね。
 ダンスのワークショップでスイッチが入ると、躍動してカッコよく踊る智美さん。
そういう場の積み重ねで、日ごろからもガマンすることなく
自分をもっと表現できるようになってきているみたいです。
イケメン以外に智美さんが唯一熱心に描く、
カプカプの仲間たちに囲まれているのだから、きっと大丈夫なのです。

(鈴木励滋 カプカプひかりが丘所長)


◆カプカプひかりが丘
〒241-0001 神奈川県横浜市旭区上白根町891-18-4-103
【FAX】045-953-6666
【Eメール】hikarigaoka@kapukapu.org
https://www.facebook.com/kapuhikari/

もっとカプカプを知りたい人へ♪↓
https://kapukapu.theshop.jp/items/6368216

/鈴木励滋 撮影/編集部

この記事の全文は、1・2月号でご紹介しています。
カプカプは2019年9月号特集「アートであそぼう」にも登場♪

◆『のんびる』2020年1・2月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る