「はじまりの美術館」が示す、アール・ブリュットの可能性(特集「アートのチカラ」より)


はじまりの美術館の外 雪囲い

震災を悲しいだけで終わらせない。だれもが輝くまちづくりを、ここから。
福島県「はじまりの美術館」。(6月号特集より)

福島県猪苗代町で6月に開館2年目を迎える「はじまりの美術館」。
運営母体は、郡山市にある安積愛育園。
知的障がいをもつ方を中心に、地域で50年以上わたって支援事業を続けてきた社会福祉法人です。
同美術館は、アール・ブリュットを軸に展覧会を開く一方で、地域づくりの拠点としても機能しています。
震災を経て生まれた「地域」の視点、
〝障がい〟を超える、アートの力・・・
小さな町のアール・ブリュット美術館へご一緒に。


◆『のんびる』2016年6月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る