楢葉と歩んだ8年。「復興支援」の先に、見えたコト(特集)

楢葉と歩んだ8年。
「復興支援」の先に、見えたコト
藤井 将/『のんびる』編集部、ならは盛り上げ隊
小ならはP41_45_B_IMG_0086
「今日はありがとう。でも、もう来ないんでしょ?」
 小学3年生の少女は、そう言った。
僕は、思い切り脳天をハンマーで殴られたような衝撃を受け、
しばし呆然とした8年前を思い出す。

小ならはP41_45_B_IMG_6860
小ならはP41_45_A_IMG_9153
小ならはP41_45_A_IMG_2256
小ならはP41_45_B_IMG_7721
小なはらP41_45_B_IMG_1094

楢葉町の住民の一部が寝泊まりする避難所から話は始まる。
震災発生から1か月半ほど後のことだ。
そこからの年月をふりかえった「楢葉と歩んだ8年」。
全文は、3月号でご紹介しています。写真とともにぜひご覧ください。
◆『のんびる』2019年3月号 目次
◆ただいま注文受付中!
こちらからお申込ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る