ふるさとのみそ、慕うひと。飯舘村のある青年の6年。(特集「もっと、福島とつながる」)

ふるさとのみそ、慕うひと。
横山項一さん(福島県伊達市)

みそをつくる人々

東日本大震災、そして東京電力福島第一原発事故。
その後のふるさとの姿を撮り続ける1人の青年がいます。
「飯舘村の自然や花などを、避難している村民や村外の方々に伝えようと思い、
写真を撮り続けています」。
撮影のきっかけ、多くの出会いとさまざまな経験を
横山さんの写真と文章でお伝えします。

写真/横山項一(福島県伊達市)

◆『のんびる』2017年3月号 目次
◆ただいま注文受付中!こちらからお申込ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る